女子でも楽しい!カードゲーム奮闘記

2016年秋からDCGを始めたアラサーです。楽しく上手くなるための覚書、初心者のための記事などを更新する予定!

ダイヤモンド到達!デッキビルダーへの道

5月が始まり1週間が経ちました。

前回の記事の最後で「デッキを自分で構築できるようになりたい」と締めくくりました。

とても参考にできる記事を見つけたので紹介しつつ、デッキビルダーになるために考えたことを記しておきたいと思います。

 

ダイヤモンド到達しました

5月5日にダイヤモンドランクに到達いたしました。

3月10日、4月9日にそれぞれダイヤモンドに到達できたので、これまでに比べると早く到達できたことになります。

試合数もかなり少なく到達できました。

使用したデッキ

使用したデッキはククール、アリーナ、おうえんゼシカを主に使用していたのですが、プラチナ1からは魔術師ミネアで5連勝くらいしました。

そのデッキが比屋定なむるさん(比屋定さんのTwitter)のこのデッキです。

f:id:dcg1684:20180508191748j:plain

後述しますが、比屋定さんのデッキ解説を読み、それを頭にいれてから戦ったら、環境に合っていたのか勝てたので嬉しかったです。

先月かなり使い込んでいた「はず」だった魔術師ミネア

ミネアが好きなので、先月魔術師ミネアはかなり使い込んでいたはずなのですが、プレイ動画を参考にしてもなかなか自分の身にならず連敗を繰り返していました。

しかし、比屋定なむるさんの魔術師ミネア解説記事を読み、
自分のデッキとの向き合い方が違うことを思い知らされました。

 

syakasyakamax.hatenablog.com

この記事では、

  • このデッキはそもそもどういうものか
  • デッキの回し方
  • マリガン
  • 1枚1枚の採用理由
  • 各リーダーとの戦い方

とても細かく説明がされています。


まず、自分ができていなかったことは

  • 魔術師ミネアがテンポインチキして、パワーで押し切るというそもそものことを分かっていなかった(しばしばコントロール寄りの戦い方をしていた)
  • 単にパワーカードというだけで、シドーや2枚目の愚者のタロットを採用していた(2枚目の愚者のタロットを入れることで、銀のタロットを引けない確率が上がります)

特に、最後の「採用理由」を考えることはデッキ構築の中で最重要と言ってもいいと思います

シャドウバースでも、「デッキビルダーになりたいなら、デッキ1枚1枚の採用理由を語れるようになれ」と言われていたくらいです。


比屋定さんのブログの魔術師ミネア解説は、とても密度が濃いので、ミネア使いでなくてもぜひ1度は目を通してほしいです。

デッキへの採用理由が大事なわけ

ここからは持論になるのですが、デッキへの採用理由が大事な理由は、そのデッキの方向性が採用理由で決まってくるからだと思います。

方向性とは、

  • 勝ちたい相手
  • 勝ち筋
  • フィニッシャー
  • 何ターン目に何をしたいか

などです。

私がプラチナ2で主に使っていたコントロールククールの構築を例に挙げてみます。

f:id:dcg1684:20180508192503p:plain

1枚1枚の採用理由は省きますが、これで採用理由を深く考えずに、「ほかの人が入れているからorパワーカードだから」と思って入れたカードがありました。

  • ボーンバッド
  • クリフト
  • グランドクロス

この3枚ですが、使っていて微妙でした。

ボーンバッド

f:id:dcg1684:20180508200404p:plain


テンションスキルを使わなければ体力2と取られやすく使いにくいです。

リトルライバーンのコンボと一緒に使うのは便利ですが、その場合6ターン目以降となり既に体力が壊滅している恐れがあります。

ククールは序盤にいかに事故らないかが大事のようなところはあるので、汎用性のあるはぐれメタルなどでもいいかもしれないです。

 

 

クリフト

f:id:dcg1684:20180508200343p:plain

1発逆転が可能なカードで、スタッツも優秀なのですが、外れることも多く出し渋ってしまい、結局出さないまま終わることが多かったです。

 

 

グランドクロス

f:id:dcg1684:20180508193134p:plain
配置で警戒されることが多いのと、テンションスキルはリトルライバーンのコンボと回復のためにとっておきたいことが多く1度も使いませんでした。

 

コントロールククールの勝ち筋は、

  1. 序盤は耐える
  2. リトルライバーンのコンボとベリアルの回復で返す
  3. ネルゲル、セーニャなどのフィニッシャーに繋げる

この3つがそろっていないと難しいのが現状です。この勝ち筋が頭にしっかり入っていなかったため、使えないカードを入れてしまったのだと思います。

攻略サイトの記事を参考にデッキを少し変えたら連勝してプラチナ1に上がることができたので、やはりデッキの一貫性は大事ですね。

デッキに一貫性がないと、詰込みすぎるデッキになってしまうことがあり、拾える勝ち筋を逃すことがあるかもしれません。

自分でも方向性を理解しながら戦った方が、勝率は上がると思います。

アグロゼシカは凶悪なデッキではありますが、盤面を無視してひたすら顔にダメージを急がなければ勝てないデッキでもあるので、方向性としては間違っていないのです。

 

デッキビルダーへの道はまだまだ遠い

今回は少し偉そうにデッキビルダーになるために色々考えてみました。

ランカーさん、デッキビルダーさんの考察を読むたびに思い直すことが多々あり、DCGって奥深いんだな…と痛感しています。

まだほど遠い存在ではありますが、いつか上達して少しでも近づけるように頑張りたいです。


今日の交換所はプレミアムグラコスでしたね。

ギルド「グラコスお守り隊」のマスターとして、交換してきました!

f:id:dcg1684:20180508193527p:plain


使い道があるかは分かりませんが、なかなか手に入らないプレミアムなので嬉しいです!

5月19日には勇者杯の決勝大会がありますね。誰が優勝するのか今から楽しみです。

 

ゲーム内の画像をお借りしています。
(C)2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO